Works

参加されたみなさまの作品を掲載しています。同じものが一つもない、オリジナリティ溢れる作品になっています。

鑑賞会に参加しているような気持ちで、この作品の「ここ好きだな」と思われるところを見つけてみてくださいね。

※クリックすると画像が拡大します。

重なる不思議な世界:ドローイングインクと塩ビ板の挟み込みによる独特な色の混ざり方と透明感を楽しみます。

偶然にできた形をきっかけに線、点、面表現をして不思議な世界を味わいます。




ざくろを描く:ざくろに触れて、美しさと重量感を実感しながら描きます。ざくろが割れて中の種がのぞいている様子を、合成・構成によって表現しています。

朝の光を描く:記憶の中にある壮大な夜明け。時間とともに夜が明け、光が満ちていく様子をオイルパステルで表現します。

紅葉屏風:紅葉を見た時の空気感、感動、景色をまずは筆を使わずに表現します。屏風仕立てです。

ボディペインティング手:

手のひらのしわや指の関節の線や形をきっかけに水彩絵具で抽象表現します。最後は版画にして仕立てます。

クリスマスキャンドル:

パイプオルガンの音色を聴きながら、グラスに音色の響きをアクリルで表現します。キャンドルに火を灯して鑑賞します。

青首大根のちぎり絵:様々な和紙で大根の繊細な色味を表現します。墨のにじみやタッチも面白い作品です。

アナログフロッタージュ:

ハレパネにたこ糸、ガーゼという素材。たこ糸を好きな形に貼っていきます。オイルパステルのザラザラとした塗り心地が面白い抽象作品です。

満開の桜の大木:満開の桜の記憶。大木を墨で表現し、アクリルをスポンジにつけて満開の桜が咲き誇る姿を表現します。

太陽のバックをつくろう:太陽の形や光をイメージして、型抜きの方法でアクリルで描いています。元気が出る作品です。

世界旅行:

5月に実施したプログラム。GWもあり旅行したい気分で、自分が行ってみたい国や地域のパンフレットを木製パネルにコラージュしています。

ズッキーニの量感画:

夏野菜のズッキーニ畑にふり注ぐ太陽の光の色をイメージして、しっかりと量を感じてオイルパステルで描いていきます。

きらめく星座宇宙:広大な宇宙に思いをはせ、無数の星をオイルパステルで点描表現しています。

色のアラベスク:

ドリッピングという技法で金のジェッソを垂らし、モスクの壁面装飾に見られるアラベスク様式のように、アクリルで抽象表現します。

柿のネガポジ画:

ネガ(影)部分を描くことでポジ(光=柿)を浮かび上がらせる方法。まるで彫刻のカービングのようにネガの部分をオイルパステルで描きます。

すいかの暑中お見舞い:

すいかの果肉部分だけクローズアップして、水彩のにじみ表現で暑中お見舞いとしてハガキに構成します。大切な方に送るのも素敵な作品です。

リズム絵祭り:

祭りのお囃子や太鼓の音を聴きながら、コラージュを楽しみます。墨とオイルパステルで音色を表現します。夏祭りの時期にぴったりの作品です。

何か不思議な形(カード仕立て):

墨で描いた塊と塊の空間に、様々な線や点を描き、強調したいところに色鉛筆で色付けしています。見開くことができるカード仕立て。なんだか不思議なのだけれど楽しい抽象作品です。

りんごの量感画:

りんごの味、香り、形、重さ、はりなど五感をたっぷり使って観察し、オイルパステルで量感画を描きます。クリニカルアートの原点でもあるプログラムです。