About CIinical Art

臨床美術(CIinical Art)とは


「芸術」とは、見るもの、鑑賞するだけのものと思いこんでいませんか。絵を描いたりオブジェを作るといった創作活動は、「芸術家」だけに許されたものではありません。オリジナリティーや創造性は、高齢者から児童まで私たち一人ひとり、だれもが本来もっているものです。心の中にある想いを、思い切り創作活動にぶつけることで、人々の心は解放されていきます。また、創作活動には「脳」の活動が伴います。1996年。創作活動を通じて脳の働きを活性化させることが、高齢者の認知症ケアに役立つのではないかと…という発想から、故・金子健二(彫刻家)等の手によって臨床美術は誕生しました。

創作活動をすることで、脳は活性化されます。といっても、ただ絵筆を取って描けばいい、というわけではありません。臨床美術は独自のアートプログラムを用いて、絵を描く、オブジェを作るといった創作活動そのものを楽しむプロセスを通して、認知症の予防や改善、心の解放や意欲の向上、また何らかの問題をかかえた子供たちの回復を目指します。臨床美術の大きな特徴は絵が好きな人だけではなく、誰もが楽しめるアートだということです。そして出来上がった作品を飾り語り合う鑑賞会があることも、特徴のひとつです。芸術造形研究所が培ってきた「金子メソッド」ともいえるアートプログラムは、例えば「絵筆を握るのは60年ぶり」という方でもその人の感性が刺激され、いつの間にか夢中になって、のびのびと自己表現できる仕組みを持っているのです。

現在では、認知症予防や症状改善だけでなく、子どもや社会人、高齢者までと幅広い世代の方々に向けても実践されています。これを実践する人が「臨床美術士(クリニカルアーティスト)」です。


【一般的なアートセラピーと臨床美術の違い】

一般的に「アートセラピー」とは、描かれた絵などから心理状態を分析する、コミュニケーションを行うなど心理療法のアートセラピーを思い浮かべる方が多いようですが、これらは心理学的アプローチといえます。臨床美術は、医師らとチームを組んだ美術家からのアプローチであることが大きな特徴です。創作活動そのものを楽しんでいただき、創作する喜びを味わっていただきながら、脳を活性化していくことを大切にしています。



                               ~「芸術造形研究所」ホームページより抜粋~

       「『臨床美術』」及び『臨床美術士』は、日本における(株)芸術造形研究所の登録商標です」