いちじくの水彩画

花が無いのではなく、中につぶつぶの白い花を咲かせる果実「無花果」。9月のアートサロンは、福岡県産ブランド「とよみつひめ」がモチーフ。甘くて皮は薄く柔らかい、丸みがあるいちじくです。

たくさん触って観察して、水彩のにじみがじゅわ~と広がる姿、絵の具の混ざり、画面を見ながら待ってみる、ゆったりとした今が流れていました。

今日はにじみとたらしこみの技法を使って描きます。たらしこみを最初に考案したのは、「風神雷神図屏風」を描いた俵屋宗達なのだとか。日本画の技法も、安心して楽しむことができるのも臨床美術の良いところですね。

じっくりじっくり、画面を見つめる時間。絵具の流れ、広がり、混色って不思議です。まるで、絵具が生きてるみたいなのです。

今回、お料理に使う「お塩」もパラパラとかけています。画像でも覗いてみてください。マチエール(絵肌)が盛り上がっている箇所があります。絵具が乾かないうちにお塩をかけるとにじみ、少し乾いてからかけるとマチエールが変化します。

水彩+アクリル+塩など、異なる絵具や素材を使う「ミクストメディア」を楽しみました。

みなさんのいちじく、どれも美味しそうですね。

みなさんのいちじくは、可愛らしくて、まさに今が旬ですね✨

あまり馴染みのないいちじくでしたが、すっかりその魅力に、魅了されてしまいました。

みなさんのおかげです。ありがとうございました。^^

アトリエSHO彩

Atelier Shosai :::::::::::::::::::::: Art for Smile Art for Health Color of Only One

0コメント

  • 1000 / 1000