貝に描く春祭り

3月の社会人アートサロンは「貝に描く春祭り」。

サロンでは珍しく、皆さんで「朧月夜」を歌い、冬から春への季節の移り変わりを感じていただきました。

日本の唱歌、懐かしく、情景が見えてくるようです。


平安時代貴族の間では「貝合わせ」といって、形や色合いを合わせて遊んでいました。蛤のような二枚貝は、他の貝とは絶対に合わない、唯一の組合せ。だからとても縁起の良いものとされ、現代でも婚礼やひな祭りの飾りやお吸い物に使われています。今回は7.5センチ~8センチの蛤を使いました。女性の手のひらに収まるサイズで、とても美しく、貝の観察だけで10分くらい盛り上がってしまいました。

そんな縁起の良い蛤に、冬から春への季節の移り変わりを、みなさんそれぞれにじっくりと抽象表現していただきました。

日本の春の曲を、琴の音色で聴きながら制作しました。夜なのにまるで昼間のような気分で、華やかな雅な世界を存分に楽しんでいただきました^^

冬の空気感をイメージしながら2枚貝にそれぞれ色をつけていきましたが、イメージする色は本当に違っています。白しか思いつかなかった人、真っ黒のイメージの人、濃い青や雪のような粉雪を降らせる人など本当に様々。

そして春のイメージも同じ。綿棒で春の色をおいていきます。

2枚の内側が完成。いよいよ外側です。

雅やかな世界。貝殻の外側にはゴールドを入れていきます。このあたりにはみなさん、シーンと集中しています。さくらさくらの琴の音色も遠くに聴こえるよう。

ジェッソゴールドを乾かす合間に、ちょっとしたユーモア。^^やりたくなりますよね。

外側の貝の縞模様をきっかけに描いて構成したら完成です。みんなで鑑賞会。

                 海と大地のイメージ。

               昼と夜桜。日本の美ですね。

             久住の美しい空気。爽やかな春の風。

               白の美しさ。和。

            透き通るような冬の空気感も春の華が咲きます。

            構成も流線が美しい。裏を返してみると     

       内側も流れるようなタッチで桜が部分的に描かれています。

          純粋に目の前の画面の変化と、点描の重なりと混色がまるで油彩のよう。

       冬よりも春が好き!と話してくれました。大きな春の芽吹きが感じられるようです。

並べてみると、とても華やかです。

お部屋のインテリアはもちろん、箸置き、お香皿、アクセサリーなどの小物入れ、お薬入れにも使えます。

春はもうすぐそこですね。

アトリエSHO彩

Atelier Shosai :::::::::::::::::::::: Art for Smile Art for Health Color of Only One

0コメント

  • 1000 / 1000