真夜中のお月見WS

満月としょかん月あかり十五夜祭り。

台風の前に雨が上がり、虫の声が響く中での開催となりました。

夜の図書館「満月としょかんつきあかり」の十五夜祭というイベントで、夜間に6名の方に「透かし窓に描く月光にススキ」というプログラムを実施しました。

ほとんどの方が初めての方でしたが、「虫のこえ」を歌ったりお月見の俳句などをみなさんで詠んで和やかにスタートしました。

月の形、位置、色もご自身で決めてもらいましたが、好きな形も満月から三日月まで様々でした。

「高い空に、三日月が輝いてるのが好き」

「満月から神々しい光やエネルギーが出てるイメージ」

「月の周りは明るいけど、外側は暗いかな」

「あたたかな風が吹いてる」

など、みなさんの月夜の情景はそれぞれ違っていました。

和紙で作ったお月さまを透かしてみるととってもきれいなのです。

笑顔が見られながらも、だんだんと集中されていて、きっと虫の声も遠くに聞えていたかもしれません。

心の情景のまま、最後にススキも加えていきました。

みなさんの月夜の情景の完成です。

鑑賞会の時間は22時。夜もすっかり更けていましたが、夜ならでは鑑賞会をしました。

しっとりとしたジャズをかけながら、イベントに来られていた、たくさんの方にも参加していただきました。

和紙で作った月は、光を照らすと輝きます。

最後は、光の演出で楽しんでもらいました。

本物のお月さまは見えませんでしたが、6名のそれぞれのお月さまが秋の夜長を包んでくれたようでした。

夜遅くからのご参加ありがとうございました。

次は熊本へ行きます。

アトリエSHO彩

Atelier Shosai :::::::::::::::::::::: Art for Smile Art for Health Color of Only One

0コメント

  • 1000 / 1000